胡麻麦茶で高血圧から脱出作戦!


特定保健用食品(トクホ)の高血圧対策サントリー胡麻麦茶

血圧が高めの方にサントリー胡麻麦茶!です!(笑)

 

先日不整脈の診察の際に血圧を測った時に、

『少し血圧も高めですね~』と言われたのをきっかけに、血圧というキーワードが自分の中で駆け巡りました。

 

そして最近、毎日購入&飲んでいるのが、このサントリー胡麻麦茶です。

 

消費者庁認定の特定保健用食品、トクホというお墨付きももらっている胡麻麦茶ということで、

少しでも血圧を下げられたらな~と飲んでいます。

 

この不整脈の告知を受けて病院に行くまで、高血圧とか低血圧とか、

血圧に関してのことは全く気にしない人生でしたが、今回不整脈確定の診断が出た今となっては、

この血圧が気になったりしています。。

 

無知だったので調べました。高血圧だと何がいけないのかを。

 

ざっくり言うと、高血圧を放置してしまうと、

血管が硬くなってしまう動脈硬化という物になって、これをまた放置してしまうと、

狭心症や心筋梗塞 といわれる、虚血性心疾患という物にかかりやすくなってしまうとのこと。

 

うん、やっぱり難しいことはまだわかりませんが、とにかく、高血圧を放っておくと、心臓に悪いみたいだ。。。

 

不整脈の診断から、当然、心臓というキーワードも引っかかるようになって、

それならと、少しでも血圧を下げられるようにと、このサントリー胡麻麦茶を飲んでいます。

 

私の場合は身長169cmに対して、体重82kgという、太った人なので、

不整脈の疑いありと心電図を取った健康診断の際の診断も、

不整脈のⅡ度房室ブロック(MobitzⅡ型) と診断されたのと同時に、肥満と診断され、

要加療になっていましたし。。。

 

尚更、心臓に悪いなと、不整脈自体は一生付き合っていく病気・症状だと思いますが、何とか高血圧気味な血圧だけは下げたいものだと胡麻麦茶飲んでます。

 

サントリー胡麻麦茶の口コミなどを調べてみたら、

4週間ぐらい胡麻麦茶を飲み続けたら血圧が下がったなんて口コミを見ました。

 

もちろん、効果は人それぞれだと思うので、私がサントリー胡麻麦茶を4週間飲み続けて、

同じように血圧が下がってくれるかどうか、その効果は自分の体を持ってしてでないとわからないかと思いますが、

胡麻麦茶の効果を期待したいと思います。

 

変な話、毎日血圧を測っているかと問われても、血圧計など持ち合わせていないので、

毎日血圧を測るなんてことをしていないのが現状ですがw

 

次回、2011年12月27日の、ホルター心電図の結果と、心臓エコーの結果&診察結果発表の日などに、

血圧を測って頂いて確認出来たらなと思っております。

 

私の場合は幸いにして、不整脈に関しては自覚症状がないので、不整脈で困ったことは一度もありません。

しかし、私の心臓は、確実に不整脈なんですものね。

そんな私の体をケアしてあげられるのは自分自身だけ。

 

変な話ですが、自分の命の為、生活の為、人生の為、楽しみの為etc に健康管理出来るところは、

無理が無い範囲でやれたらいいなと思っております。

2 thoughts on “胡麻麦茶で高血圧から脱出作戦!

  1. こんにちは^^
    血圧/体重の測定は、起床就寝時にはやった方が懸命です。
    最初はめんどくさいですが、慣れてしまいますw
    管理は手帳的な物もありますが、自分はPCで実施しています。
    計測理由は、毎月主治医に提出すると何かしらの変化によるリスク管理や、
    自分の安心感に繋がると思います。
    (自分は20歳開始、週一回計測から始めました。)

    心臓病持ち38歳男性より^^

  2. >kazkompeachさん
    コメントありがとうございます!

    血圧はこういった健康診断のような検査でしかしていなかったので、正直、全く血圧というキーワードは自分の生活に無かったです。

    毎日測って、自分の体を少しは認識しないと駄目ですよねw
    結局万が一があって困るのは自分自身ですものね。

    心臓病をお持ちということですが、全快をお祈りしております。

    人間元気が一番ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>