検査・診断結果は経過観察


洞不全性症候群と心室期外収縮の文字

皆様お久しぶりでございます。

クリスマスも終わって、年末の時期になってまいりました。

 

本日2011年12月27日、前回行ったホルター心電図と心臓エコーの検査結果を伺ってきました。

 

結論としては経過観察ということになりました。

が、

洞不全性症候群と心室期外収縮と高血圧というキーワードもまた、発生してしまいました。

まずは、窓口に診察券を提出して待機。しばらくすると看護師さんが血圧計を持ちながらきました。

診察の前に血圧を測ります。その結果、少し血圧が高いとの指定を受けました。

 

そしていよいよ検査結果をご教示いただくべく診察室へ。

結論としては、今のところは自覚症状がない為、経過観察ということになりました。

 

まずは、24時間心電図、ホルター心電図のデータから見た診察ですが、

こちらとしてはやはり不整脈が見られ、心室期外収縮であるということと、今回初めて聞くことになった、

洞不全性症候群の疑いもありとのことでした。

 

初めて聞いた洞不全性症候群という言葉に戸惑いを受けましたが、どうも、心臓に伝わる刺激伝達が不全、

つまり機能が正常な状態とは違って上手く伝わらず心拍しない状態になってしまって、

一瞬止まってしまうみたいなことになるというような感じでした。

 

写真の上に ある、洞不全性症候群や心室期外収縮という文字は、医師に書いて頂きました。

やっぱり話している内容が若干難しいので、自分でも調べたいと思い書いて頂きました。

 

万が一自覚症状として、頻繁なめまいや、

突然目の前が真っ暗になってふわ~っとなってしまう症状が出てしまったら、

それは少しの長い時間心臓が停止してしまっている状態で起こる自覚症状としてのサインらしく、

その時はペースメーカーとなりますということを言われました。

 

薬での治療についての可能性を尋ねたところ、これは薬での治療ではなくて、

ペースメーカーを使うことになるということです。

 

洞不全性症候群と心室期外収縮とプラスして、担当医が懸念していたこととして、

血圧がボーダーより高いということを指摘されました。

 

初めて不整脈の疑いがあるとのことで循環器科の初診を受けた際にもやっぱり血圧を測ったのですが、

その時も高め。今回の血圧も高め。

病院ということで若干の緊張なども踏まえて考えてみても、やはり、ボーダーより高めなので、

この高血圧も気になるとのことでした。

 

それにともなって、血圧などを毎日測るようにした方がいいとのアドバイスもいただきました。

やはり不整脈と高血圧の関係もあまり良くないらしく、

仮に、ずっと高い様だったら血圧を下げるような薬も考えるかもとのことでした。

 

洞不全性症候群もそうですが、血圧についても人生今まであまり考えた事もなく過ごしてきましたが、

今後はこの血圧とも友達にならなければいけないようです。

 

また、心臓エコー検査(心臓超音波検査)の検査結果についてですが、こちらの心臓エコー検査に関しては、

特に何もなかったとのことで、心配はいりませんとのことでした。

 

検査・診断結果の結論としては、やはり心室期外収縮が認められるのと、

プラスして、洞不全性症候群の疑いもあるとのこと。

しかし現在では生活の中において自覚症状がないとのことから、経過観察ということ。

 

仮に目の前が真っ黒になったり、意識がもうろうとしてしまう状態になった場合は、

ペースメーカーでの治療になるとのこと。

 

高血圧が気になるので、血圧計を準備して、毎日の血圧を把握し、血圧を下げるような行いをすること。

 

そして、一年に2回、少なくとも1年に1回は、24時間心電図、ホルター心電図の検査を行い、

その時の心臓の状態を確認する検査を受けてしっかり把握することが大事ですということを頂きました。

 

この検査・診断結果の感想としては、なんだか、モワモワっとした感じというのが正直な感想です。

 

経過観察になったものの、洞不全性症候群の疑いや、高血圧という状態も知ったことになったので、

今すぐ治療が必要ないという診断が下った少しの喜びと、

洞不全性症候群や高血圧という新たな不安とが入り混じって、モヤモヤっとした感じです。

 

ま、不整脈として診断された以上は、

この病気・症状とは一生付き合っていくということに向き合わなければいけないということなので、

自分を大切に毎日を過ごしていきたいと思っています。

 

自分に出来る少しでも不整脈の症状をおさえる対策としては、高血圧予防ですね。

 

不整脈mobitzⅡ型の治療日記ということで始めたブログではありますが、

これからは高血圧についても書きたいと思っています。

 

最近はより一層冷え込みがましましたね。

忙しくて大変な師走ですが、皆さんも風邪などひかぬようにご自愛くださいませ。ではでは。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>